恣意的思逸記

PCの中や外でものをつくる

ゼクシィ恋結びに登録して戦争の夢を見た話

友人に教えてもらったゼクシィ恋結び、登録後何もせず一ヶ月ほど放置していたのを最近ふと再開したんだけど、多くの人間の顔をしばらく見ていると気分が悪くなるという知見が得られたくらいで、あまり生産的な結果は得られていなかった。

男性視点だけど、課金すると相手が何人くらいの男性からアプローチをもらっているのかがわかるので*1、数百人の男性が一人の女性にアプローチしてるのなんかを見ると、保健体育で習ったこういうのを見てる精神状態に近づくので、数周回って「神秘…」なんて事を感じたりした。



一応、何人かとやりとりしてみたんだけど、画像処理の効いた写真の相手が耳触りの良い言葉を並べてきても、すぐに脳内でサクラおじさんの発言に変換されてしまう癖があるようで、「逆におじさんがこれ言ってたらクソウケるな…」としばらくは愉快だったんだけど、最近ようやくまともな思考が働いてきて、何人かにごめんなさいした。私何やってたんでしょうね。


そんなことをしていたからか、昨日久しぶりに夢を見た。

どことの戦争かはわからないけど、とりあえず前線の倉庫みたいな防空壕で婚活パーティが開かれてた。

そこでは結構な数の人が、いかにも戦時中な土色の服を着ていて、たまに爆撃を食らいながら「休日なにしてる?」みたいな会話が所々で行われてた。
みんな土色の服を着ているのでおしゃれな人なんて居ないんだけど、男性は男性なりに、女性は女性なりに土色の服を着崩して精一杯のおしゃれを楽しんでいるようだった。婚活だしね。
状況が状況なので、会場には「生きるか死ぬかより結婚だ」みたいな熱気が溢れてて、それを肌で感じながらひとり、とにかく平和を願ってた。

たまに来る爆撃によってカジュアルに死傷者が出るんだけど、この日は特に大きな爆発があって、たまたまコンテナの影に居た私は大丈夫だったけど、一緒に京都の宇治抹茶の話をしていた女の子の喉にパイプが突き刺さって、話しかけても自分の出身地しか口にしなくなって困っていたら、目が覚めた。




まぁそうゆう感じなので、とにかく今はこの本にすがりたい一心でなんとかやってます。


www.amazon.co.jp










明日も頑張ろう。

*1:おもしろすぎるので課金した